烈破の一言ジャンプ感想ブログ。
    週刊少年ジャンプの一言感想を書きます。

    スポンサーリンク

    スポンサーサイト


    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    小説ブログ実験「決戦!マクラーレンが相手とは(笑)」ジャンプ感想破片小説第28話。


    一気に2話も更新!

    第28話「決戦!マクラーレンが相手とは(笑)」

    マクラーレンを倒すしかないのか…。彼の手に腕毛生えているということは、ヤツも本気と行ったところか…。もっとも、あくまで、新兵の訓練がメインであることを考えると、これも模擬戦ということは、ヤツも把握しているハズだろう。

    しかし、アイツの手に纏われている…オーラは。チャクラかな?チャクラなのか…。ビックリすると、息ってホントに止まる…んだな。ぶはwぶははw。息が止まって一気に笑っちゃったよ。

    そんなチンケなチャクラで本当に私と戦おうと言うのだろうか…。やれやれなめられたモノだ。まぁ、それは後の話的に、今は本気を出せばいい…それだけは確定なことに思えるが。ヤツはヤツで本気訳か…困った。

    気が付けば周囲に人が、何か大きな声で囃し立てている。野次馬か。この人々も今までに、新兵検査に、何回か出たことある人々なのかな?と思える。きっと、そうなのだろう。何を叫んでいるのやら。

    「アーイ、アイアイ!アーイ!」

    「アイ」て…何を言っているのか?まぁ、もっとも。「愛」ではないですよね…ということはすぐに分かる。後で調べたけど、アイとは「土地」という意味らしい。しかし、寧々達を裏切ることになるな…。ごめん。

    結局は、マクラーレンが挑発するのも策略だったのだと思った訳だけど。簡単にのってしまった感じか…。まぁ、仮に?ピンチになっても…大丈夫って思えたのだけど、なんて言うかそうかなー。ピンチなのかな?ふふ。

    結局は、決闘展開か…という感じだけど。ハッキリ言ってマクラーレンだと役不足なんだよなぁ。爪先を見ながら、そんな風に思った。

    続く!

    まだまだ、感想の破片があるもので…お、終らない~どうしよう~(笑)。求められて書くモノじゃないですけどね、小説(笑)。

    スポンサーサイト

    小説ブログ実験「新兵、初の戦闘と特有の能力、ガジェット」ジャンプ感想破片小説第27話。


    連休中も休まず更新!

    第27話「新兵、初の戦闘と特有の能力、ガジェット」

    戦争に関する方法論がない…つまり戦略もない。私にできるのは、話し合い…だけじゃないけど、心の中では、既に白旗をあげている。って…何を弱気になっているのだろうか。今日は新兵検査。数年前、私の頃は、試験はどうだったかな?と思い出す。

    しかし、今はそんな感傷じゃあないかも知れないが、それどころではなかったのだが、思い出してしまったのは感傷か…。大丈夫。もう慣れた。だけど、本音ではめっちゃ怖いけど。手が震える。

    「第三部完」そんなサブタイトルが…脳裏によぎる。ふーむ。シミュレーティッドリアリティとでも言うのだろうか、現実逃避なのか…。もしも、一泊8万円…の高級旅館があるならば、そこに泊まって温泉でゆっくりしたい。げ、現実逃避でしかない…。

    戦闘が始まる。機銃の掃射ってはんぱないな…。訓練の域を超えている。裏の意図を感じずにはいられない。新兵達1000人の静けさ。何が行われようとしているのか?域を潜める。

    「ゴギュ!?」

    「ええ!?」

    急な異音に驚く。よくよく考えれば、それは、ド・ドスコスコ族の挨拶…ということに気が付く。なんだ、マクラーレンか…。何かようなのか。

    「何なん?」

    と聞き返すと、マクラーレンはナイフをかまえていた…不意打ちとは…私もなめられたモノだ。奥歯の裏のスイッチを入れる。これが私のガジェット。瞬時に1億Vに10万アンペア…の電流を流す。すごすぎる、すごすぎるガジェット…だがしかし…。

    マクラーレンは平気な顔をしている。…なんと、細胞が焼け焦げたのに、平気な顔で復活できるとは…!?超再生かしら?大丈夫、まだ冷静な思考ができる。やれやれ最初の相手はマクラーレンなのか。

    続く?

    今回は続けようかな?と思ってますが、どうしようかな。続けようかな(できたら)。

    べるぜバブ202「よく分かる王臣紋」(田村隆平)ネタバレ注意!ジャンプ22・23号一言感想(2013年)


    土曜日!約見開き(2ページ)ごとのジャンプ21号の一言的感想なのです。

    ジャンプを手元にめくりながら読んでみて下さい。おながいします。


    雪の日。季節は、まだ冬なんでしたっけ?


    家にこい…。「帰るか…」が意味深ですね。しんみり。元レッドテイルの美咲さん。ババアて…。


    ドアに突き刺さる…。カードゲーム風。マンガのジャンルが変わったのでは?


    くいーんVSメガネ。HPが800と一万だと?お色気エアラインとは何なのか?ゲームで覚えられるのか?


    紋がついているところが色っぽいですねぇ。エアラインてそういうこと?生涯かけて…。


    お嫁さん…。素晴らしい反応ですね。1とか2とか…気にしますよね。残り4人も魔力を使うのかな?やはり。


    姫川竜也…。前回のラストでは、鷹宮にいた訳だけど…何か、計算があるのかな?


    東条と闘うだと!?久しぶりの登場で顔が違うような?すごい展開になってきたな…。


    王臣紋がついている上に、数字が3だとは…。鷹宮に9割の人間が…??


    東条撃破…だと…!?裏切りというのも違う気がするけど??

    ブリーチ535「エブリシング・バット・ザ・レインop8.ディフェンダーズ」(久保帯人)ネタバレ注意!ジャンプ22・23号一言感想(2013年)


    土曜日!約見開き(2ページ)ごとのジャンプ21号の一言的感想なのです。

    ジャンプを手元にめくりながら読んでみて下さい。おながいします。


    不安がないというのが気になる。虚も悪いモノじゃない?


    仮面のようにも思える。100年。一心氏は何歳なのか?


    元には戻らない…。虚化は人間とか死神とか関係なかったのですね。


    死神の魂魄を強化…。ヴァイザードの人達がそうなのかな?魂魄自殺…。魂と肉体の境界が壊れるということか…。


    クインシーの光の矢と人間の魂魄から…。相反する力とは!?


    片時も離れずは…結婚か…。そして、クインシーに対するのは死神か…。


    なるほど。グランドフィッシャーの襲撃を防げなかった理由と、死神姿に戻った理由が繋がった…。人間の魂魄と死神の魂魄でワクチンは作れないのか?


    決断が早い…。そして、似たもの夫婦だった訳ですね。竜弦氏のあきらめの表情が…。


    素っ裸…。次回は、精神世界の話かな?

    小説ブログ実験「ド・ラフミンゴとペチョリーヌ・ブルックさんの男気」ジャンプ感想破片小説第26話。


    電子書籍化が進行中!なんつって!

    第26話「ド・ラフミンゴとペチョリーヌ・ブルックさんの男気」。

    おっさんから…おっさんへの連絡経路。おっさんトゥおっさん。それらを踏まえて考えてみると、モラトリーヌ・ド・ラフミンゴの記憶が気になる訳だ。小さい男だった。8歳のカモシカ相手にケンカをやってみたりwイチゴを盗んだりw食い逃げをしたりw。

    そういう姿をいつも、ペチョリーヌ・ブルックさん冷静に観ていたモノだけど、結局は彼も…。九州男はえりにしゃつ、ズボンはGパン。染髪は女の子の気概は…はまるだしwという感じで、九州男児wでもなんでもなかった訳だ。なんだそれw。

    活け花と、活け作り、ハラペコ料理と踊りを愛し…。スペイン貴族みたいな滑稽なイメージかな?と思わせたブルックさんは…命を持った、そう男であったことは間違いない。

    しかし、木で出来たオモチャって…何か、例えば超自然的な力、或いは努力の実り、生まれもったものではない、神とも言える能力だろうか??そんな風に思える時もあった。いや、むしろ…町が普通なのは??と思えるのだけど。

    これですら、再集会、いや最終回のシリーズを感じさせる雰囲気があるのである。それ以外は考えられない。私は知らない。…。違う。そうじゃない。

    何をどのように考えていたっけ?タヌキが豆鉄砲をくらったような顔をしているな…。もしも、それが全てで、世界にあるモノ全てが嫌なモノに思えるような世界があるのならば…それは全部、俺がぶっ壊してやる。こういう時だけ、男気があるような…感じのド・ラフミンゴとブルックさんであった。

    続く!

    小説も書いたので、明日に備えて眠ろうと思っております!楽しいです!

    ブリーチ59巻の発売日は6月・・・及びマンガヘッドラインニュース。


    ブリーチ59巻巻の発売日がネットで出ておりました。月末は、情報が多いですね。

    BLEACH―ブリーチ― 59

    発売日は6月4日とのことです。 予約も開始されておりますが…最終的に全何巻以内になるのでしょうか?まだ一ヶ月以上先ですが、発売日にゲットしたい人は、予約しておくと吉でしょう。

    しかし、最終章になってからも長いですね。後、何が、どれくらい残っているイベントなのかも、気になるところでは、あります。

    以下は、最近読んでいた記事です。

    マンガヘッドラインニュース。

    そんなインターネットでした。余談ですが、そろそろシャワーを浴びて、晩ご飯の準備でもしようかな?と思っております。しかし、今日は暑い。汗ばみます。

    小説ブログ実験「模擬戦・戦場に立つ前に」ジャンプ感想破片小説第25話。


    忘れていた訳じゃあありません!久しぶりの更新です。

    第25話「模擬戦・戦場に立つ前に」。

    必要なのは、心の強さだ…。そう頑張ってって考えると、それで気持ちが落ち着くのは、すごい気がする…。いや…ウソだ。自分の中の心の流れ、不安、怠惰、憎悪、まさか、その流れを切ったと思ったのだけど…。すごいは…結局は神だ。

    まだ、意識があったのか…自分に気付く。頭の中の超感覚、新しいモ・ノを感じたような気がます。

    「必要なのは心の強さだ。こればっかりは完全に資質やわ…。」

    そう奮い立たせて自分にビンタをする…痛い。すごいわ…一瞬で覚醒した。こまった時は、自分ビンタやわ。絶大やわ、これ。痛いけど。関西弁で話していた田中さん、田中先輩の言葉は、いつも、思い出す。ピンチの時に。

    だけど、やはり、心の闇はとれないのか…不安が沸き立ってくる。人数がいるからの安心感もあったけど、それでも、不安に思えるのは、タイムアウト2回か…ということである。

    所詮は、模擬戦。それは分かっている。でも、もしも、自分が狙われている…として、そういうのが分かったら…身を隠して対処とか??事前講習のことを思い出すが、頭はパニくるばかりだ。

    もしも、背後からのダイレクトアタックを食らったら…今日の晩ご飯はなし。だけど、もしも、戦果上げれば、それは、晩ご飯のステーキ繋がる訳か…そう考えると勇気が出る。

    ガサリと音がする。原産の藤虎か何かが現れたのか?と思ったら、そう俳優に似てたら…きっと芸能界にで行ったであろう。訓練生の中では、首席、マドレード・レス・ローザが到着したところだった。

    続く!

    ジャンプの一言感想と併設でやってますが、そろそろ、専門ブログにしてもいいかな?と思えてきました。電子書籍にもしたい!

    べるぜバブ201「クイーン、舞う」(田村隆平)ネタバレ注意!ジャンプ21号一言感想(2013年)


    火曜日!約見開き(2ページ)ごとのジャンプ21号の一言的感想なのです。

    ジャンプを手元にめくりながら読んでみて下さい。おながいします。


    ケンカの価値を下げる、自分を磨く…良いこと言いますね。


    赤面やん。卑怯な手というか、なんというか…。壁が切れてますやん。


    魔力はタバコが供給源とか予想していた私ですが…。紋章使いだったのか?肩を叩くシーンがいいな。


    林檎のアップが気持ちわりー。人数とか、木刀とかカッターナイフとか全然、驚異に感じない。王臣紋はあるのかな?


    死にはしない…。心月流抜刀術六式妖星剣舞…。なんか、サガ系のBGMであったような?妖星乱舞はFF6でした。


    なんじゃこりゃ…。全員死んだのでは?


    一発貰ったのかな?もしくは、防御した?剣閃の様子が半端ないですね。


    下着を残すのは、女性への気遣いでしょうか?王臣紋の力もあるけど、圧倒的ですた。


    『偽』…。はずかしくて着れないですね。ギ・レッドテイルとか言い張る?変な犬出てきた…。


    このオチは想像できなった。タバコとかウソでした…。姫川…だと!?

    ブリーチ534.「エブリシング・バット・ザ・レインop7.ホール・オブ・リプローチ」(久保帯人)ネタバレ注意!ジャンプ21号一言感想(2013年)


    月曜日!約見開き(2ページ)ごとのジャンプ21号の一言的感想なのです。

    ジャンプを手元にめくりながら読んでみて下さい。おながいします。


    ☆紐解かれてゆく出生の秘密…!!過去編最高潮センターカラー!!二人に腕組みしているのが印象的ですね。


    ざっくりとした置手紙。なんやかんやて…。


    先週のグラァは大丈夫だったのだろうか?


    おば様が妙に色っぽいような…。片桐さんが、ちくったのか…。


    虚の攻撃がクインシーの血を濁らせるということは、混ざる可能性があるのか…。どちらもツライ立場だ…。


    倒れるだと…。妊娠的なモノだと想像していたが…?


    虚の孔…。人間もホロオ化させるとは…。得体の知れないモノ…。


    母の顔が…。竜弦氏が…何もしなかったことの後悔か…。


    ツライ立場を一手に引き受けているような…。護る…というのは、ここからもきているのかな?


    確かに、戦ってもどうにもならない…。選択肢とは?

    小説ブログ実験「温泉!禿石と塩田の勝利力学」ジャンプ感想破片小説第24話。


    今回も自分らしく書けました!

    第24話「温泉!禿石と塩田の勝利力学」。

    「これが本当のハイキュー!!」

    急に禿石部長が叫んだから部員達はビビった。熱血か…そう塩田は、ちょっと素の感じでっ!思った。裸と裸の付き合いの中の…禿石部長の眼見開きっぷりがスゴイですね…と塩田は困惑する。

    ああ、これで部長勝ちか…温泉の中はシーンとなったが、まるで自分達の世界が広がったような爽快感がありますた。塩田は部長とは?を考えると、ディフォルメ顔のような感じに眉をひそめるのが特徴的だと、常々、言われておりました。

    後、まるで物語の核心を知り尽くしているメタファー的存在、もしくは、その世界を担っているヒロインのような燐とした姿に禿石部長は惚れこんでいたのかも知れません。

    二人の思い出が…波状となって再生され、それ現状と繋がって…ない!まるで捏造ように思えたのですが…現実の美化ってやつなのでしょうか??そうなのでしょうか?

    しかし、塩田が胸ドキをしていたのですが、結局はスポーツ医学の話だった訳で、そもそもが彼の勘違いか…。美術の授業の時に、身体のデッサンが行われて、理性とともに感情がバキバキに…まぁ、そのね。ハピネス!のような…そんな気持ちになったのです。

    しかし、禿石部長の言う、スポーツ筋肉、武道と努力の喩え、例をしめしながらの勝利力学の話は、正直、上手い…と塩田思う訳なのです。しかし、彼が本当のことを告白できないのは、そう、身体を故障している…という事実とかなのです。

    どうしようか。スポーツ特待生として入学し、その辺りの事情は学校側は考慮にいれないのかな?などと考えていたら、塩田はのぼせてしまいました。禿石部長は、やれやれと…そんな彼を見つめておりました。

    温泉の湯が、少しだけ波立ったのです。

    続く!

    ドキ!っとした展開が続きますが、次回は、きっと別の話です!

    べるぜバブ200「3代目総長」(田村隆平)ネタバレ注意!一言感想ジャンプ20号(2013年)


    火曜日!約見開き(2ページ)ごとのジャンプ20号の一言的感想なのです。

    ジャンプを手元にめくりながら読んでみて下さい。おながいします。


    邦枝さんにも王臣紋が…。男鹿さんの臣下になったってこと?


    やっぱり吸い続けているタバコが魔力の源かな?目を潰すで幽遊白書を思い出した。


    つっこめない男鹿さんが面白い…。ハイヒールに色気がないですね。


    リンゴさんは醜いな。特攻服がブチ抜かれたのはドキっとした。


    空蝉の術か…。寧々さんを倒したら、心を折れる感じかな?


    新月流抜刀術伍式・水無陽炎!キルコストームみたいですね。


    良いシーンだな。男女おきかえとかしてしまったけど、耳打ちの様子がドキドキする。


    返り咲きか…。レディースに戻っちゃったよ・・・。一掃されるブサイク達。


    減り込むブサイク達。目を潰すってよく考えれば、瞼をとじれば良いのでは?


    見届け人カッコ良い。実際には、魔力でアシストしているけどね。

    ブリーチ533「エブリシング・バット・ザ・レインop6.ザ・グラビテイション」(久保帯人)ネタバレ注意!一言感想ジャンプ20号(2013年)


    月曜日!約見開き(2ページ)ごとのジャンプ20号の一言的感想なのです。

    ジャンプを手元にめくりながら読んでみて下さい。おながいします。


    先週の続きから。衝撃の一コマ。


    自爆だと…!?一心さんが重傷になるのは、このせいだったのか…。


    ここで回想編の最初に接続される訳か…。若い頃の一心さんは爽やかですね。


    一瞬の一コマが気になるけど、爽やかに切り返せるのは、人柄でしょうか?


    竜弦さんが切なく見える。片桐さんはなお…。最終段階の転移だと…!?標的虚化以上の??


    なぜクインシーを選んだのか?そして、タイトルは重力か…。


    おお。山本総隊長をもう一度見れるとは…。謎のホロウの残骸を回収できていれば…??


    お互い気になっているのが、非常にラブコメ的ですね。後に結婚に到る訳か…。


    志穂さんとか可南さんとかも親世代の人かな?下品と言えば?浦原氏登場…色々と繋がってきますね。グラァが気になる…。

    小説ブログ実験「籾内部長、野球に似たスポーツに挑む」ジャンプ感想破片小説第23話。


    書いていて、途中で止め時が分かりません!

    第23話「籾内部長、野球に似たスポーツに挑む」。

    速攻だった…籾内がそう思った頃には、勝負がついてしまっていたのだ。彼が幾分、驚いたのは…彼らの中の大人でも「ラインは使ってない人」がいるという事実だった。普通は、皆、使っていると思う。そのハズだ。

    観客席には彼らのスカウティングがいる。手に持ったカメラは、クラウド接続されているなら写真も外部保存できる?情報力の差、或いは別れか…。もしも彼らは悪の秘密結社、組織だったとしたらを…それはきっと。第2話の展開を待つまでもなく、打ち切りが決まっていた感じだろう。

    あくまで、マンガで喩えたならば…だが。

    だけど、籾内部長には、ハル先輩も、そして、紅一点だった御殿場知秋さんもいる。もっともそれは、現実を見つめた結果に訪れるべきもので…とっ組みあって、あがらって…そうあるべきなのだが…。

    しかし、籾内は部内の荒事担当。今回のことも、慣れっ子て感じか…と籾内も思う。しかし、ネクストバッターズサークルにはスポーツ雑誌にも載っているあの人々か…バッターズサークルには5人まで入場できる。

    それぞれを調べると、人間の面白さ、愉快さ、知的さ、そして…残酷さに溢れていることが分かる。まさに、五人の四天王という感じが…する。ここで、この競技を説明すると、先攻・後攻で争そう。そして、ピッチャーはおぼんを投げる…。バッターはゴボウでそれを打ち返す。

    それを9回表裏やって、勝負がつかなかった時は、十番隊隊長が出てきて…過去編に突入する流れである。勿論、それは希なことですね。しかし、分かりやすいルールwww。

    いよいよ、籾内は覚悟を決め、マウンドに立つ。そして、気付く…今日は日曜日やったんか…。こんなことなら、ボケとツッコミの感じがが面白い。あのアニメを見れば良かったww。と泣き笑いを繰り返す。その中で、魂の在り処か…を考えた。

    バッターを見て、そもそも斬魂刀(いわゆるゴボウ)はどこから貰ったのだっけ?スポーツ用品店?と考える籾内部長であった。

    続く!

    次回は、違う話になっている可能性は、非常に大であります!

    小説ブログ実験「決戦!封印されし武器レッド・テイル」ジャンプ感想破片小説第22話。


    思ったよりスラスラ書けました!

    第22話「決戦!封印されし武器レッド・テイル」。

    フィールドに包まれるのは、緊張の連続で、その雰囲気で…空気までもシュートで凍りつく冷気…ついにきた感じか?そう籾内部長は考えた。もう8回、そろそろ、ゲームセットの最終回は近い感じかな?と籾内は戦慄する。

    しかし、彼的には…もっとフィールドに立っていたい。そう考えるのが選手の常であろうか??籾内は木刀を手に取る。そして、相手は、あの禿山田高校の紅一点は邦枝さん。彼女の土俵であることは間違いないか…。

    籾内は思う。胸がざわつく…なんというか、胸元が、胸のあたりちょっと変なような…もしかして、これは恋…なのか?そうなのだろうか。しかし、中途半端…な気持ち。籾内はどうせなら走り出したい気持ちになりたかった。

    幼少の頃からの性質、性格、大事な時に卑怯になれない、身体は大きいけど、心は強くない、そして、自己憐憫やめられない…籾内の兄の言葉を思い出していた。なんというか、胸に刺さる言葉だった。そんなことを考える籾内。

    しかし、な。分かっている。勿論、分かっている。今考えるべくは、目の前の相手、邦枝さんだ。もしも、彼の運命を分け与えるということができるのだとしたら、彼が言いたいのは、色々とある。

    「王臣紋なのか?」

    籾内は気がついた。部員の一人骨元も気付いていた。そう、あの新生ローマ帝国に伝わる武器『レッドテイル』の封印がとかれたのだ。そう、あの面々もきっと、ローマ帝国の生き残りなのである。

    もしも、この世に魔力なるモノが残っているならば、それを使っているのかな?そう思えて仕方がない。しかしながら、御前崎寧々さん、早川詩織さん達が敵の手の捕まっている状態では、そう、目の前に絶望が広がる感じしかしなかった。それが…運命であっても。

    続く!

    今回は、流石に続くかも知れません。連続で書いたからです(ちょっとだけ)。

    小説ブログ実験「オフィスのピンチ!禿石部長の憂鬱」ジャンプ感想破片小説第21話。


    今回は、そんなに破天荒じゃあありません。

    第21話「オフィスのピンチ!禿石部長の憂鬱」。

    「初期化してしまうとは…。」禿石部長は、そう呟いた。いや、そう呟くしかなかった。オフィスの中に戦慄が走る…各人の思考、探りあい、読み会いの様子がまるでマンガで描写される感じみたいなのが面白いな…と部長は思う。

    知秋さん頭が良い。それは、皆が分かっている。しかし、時々、とんでもないポカを引きおこす。ブルースクリーンに映るケルベロ君…マスコットの様子。完璧にウイルスですわなー。どうしたものか。

    頭が痛い。重い。このしんどさをやわらげてくれるのは、もはや『よく冷えた眼帯』と『髪型を変える』だけだ…と禿石部長は思う。少しでも、物理的にも頭を軽くしたかったのかも知れない。

    フロアーにライメイ兄妹がやってきた…やれやれ、また面倒がおきそうだ。この兄妹は、妹さんは普通に、本当に可愛いんです。しかし、ね。兄はね。男である時点でマイナス点がある訳度、明らかに殺気に近いそれが出ているモノな…。社内はイントラネット。幹部達も気付いていたか…いたのか…。

    復旧作業は、徹夜になるだろう。基本的なOA能力を考えてみても、戦力になるのは数人、或いは、コマンドラインを理解しているのは…二人だけって感じかな。

    「これですものね!」

    と、発狂して言葉を荒げた上に一曲踊りたくなる気分。禿石部長は考えた。しかたない。タイムリミットは朝まで。やるしかない。禿石部長は前髪をかきあげ、飲みかけの珈琲を一気に飲み干した。…心の準備は整った感じでしょうか。そう自問するのであった。

    続く!

    キャラの名前が共通しているから、パロディ小説にあたるのでしょうか?

    小説ブログ実験「スマホを使った大会、或いは雨の日の練習」ジャンプ感想破片小説第21話。


    今回は上手く書けました…かも。

    第21話「スマホを使った大会、或いは雨の日の練習」。

    娘さんが久しぶりに僕のところに遊びに来てくれた。もう何年経ったのだろうか?その印象は、あっさり(或いは、もっさり)した人になりましたね…とは口が裂けても言えないよね。

    例えば、2年先の未来を見つめて。スマホ、つまりスマートフォンって、結局はガラパゴス化するのじゃないか?と思える。電波、電磁波、音波等々…何でスマホが動いているのかは分からないけど。生活に、人類に支障は出ないのだろうか?そんな疑問がある。

    例えば、新しいモノを使うとは、古いモノを使わなくなるとも言える。懐古厨乙!なんてDisる声も聞こえるけど。いや、そういうのとは、ちょっとだけ違うとも言えるけど、思うのだけど。

    結局のところ練習は後、三…いや二日か…。傷だらけのスマホで一体、何をどこまで出来るか?というのを考えると、それは一種の杞憂ですよね。いや、分かっている、分かっているのです。

    例え、それがゴリ押しであるか…のように思えても。私の心の中の蝶蘭対策…それを大事に思いながら。結局は、練習の続きをやるしかないのです。例えば、連なるバツ…があったとして。でも、それに対する対策が同じなら、同じであるなら、例え、それが前哨戦であったとしても、全力で頑張るしかないのです。

    …雨にになりそうですね。うん。…うん。先輩のレクチャーを一通り聞き終わり、私が思ったのは、雷の空。雨。雲。遠くに駆けて行く二人…兄妹逃げろー…ってそんなことを言いたい気がする。今は、自分のことで精一杯のハズなのに。

    続く!

    基本的に破片がたまって、消化が追いつきません。まいった!

    べるぜバブ199「やっちまえよ」(田村隆平)ネタバレ注意!一言感想ジャンプ19号(2013年)


    月曜日!約見開き(2ページ)ごとのジャンプ一言的感想なのです。

    ジャンプを手元にめくりながら読んでみて下さい。おながいします。


    ベル坊のパンツは邦枝さんが穿かせたのかしら?


    林檎さんも紋章使いかも知れない…。胸がはだけないと分からんですよね。殺六縁起全体の可能性も…。コマちゃんはいない…。


    タバコを吸うとマンガの中で印象悪くなりますよね。女子こえーww。首輪姿は哀れだなー…。


    半裸で真っ赤…全裸で石ですか…。子どもを殴るのは悪印象ですよね。卑怯というか、卑劣というか…。


    木刀は邦枝さんの土俵か…。タバコが魔力に関係していたりするのかな?


    胸元がちょっと変なような…?相手が魔力を使っているかどうかは気配とはでは分からない?


    中途半端…卑怯になれない、強くない、やめられない…胸に刺さる言葉だな。分け与えるというのは、王臣紋なのか?


    新生レッドテイルの面々も魔力を使っているのかな?寧々さん達が捕まって、絶望が広がる感じが…。


    「好きにならなければ」…の後悔が悲しい。林檎さん悪魔みたいな顔をしているな…。この心の沈みこみを助けるのが男鹿であるのがすごい…。


    赤ん坊姿でもカッコ良い。邦枝さんに王臣紋が…。良いシーンだな。しかし、二人の関係性の変化的には…??

    ブリーチ532「エブリシング・バット・ザ・レインop5.ザ・ホワイト・ノイズ」(久保帯人)ネタバレ注意!一言感想ジャンプ19号(2013年)


    月曜日!約見開き(2ページ)ごとのジャンプ一言的感想なのです。

    ジャンプを手元にめくりながら読んでみて下さい。おながいします。


    霊圧を完全に遮断する外套。先週の攻撃は感知できなかった訳か…。


    浦原喜助さんがソウル・ソサエティに発見されないのはそのため?一太刀で死神と気付くとは…。


    全身が黒い鎧なのにホワイト…。一護さんとの関係が気になる。仮面の下の顔とか?死神の魂が元か…。


    斬月も黒いしな…。卍解を使えないというのは、すごいハンデですね。


    血を含んで火を吐いた?鬼道なんだろうけど、どういう技なのか?


    真咲さん登場。状況がよく分からないけど、ホワイトが暴れている?


    もげた片腕が落ちてきたのか…。始解でも、そこそこ行けそうだが?


    藍染氏が様子を見たがったのが気になる。弓矢というのはクインシーの標準武器なのかな?


    これはすごい…。噛み付かれたことが何か影響があるのかな?

    小説ブログ実験「百倫走と江戸の町並み」ジャンプ感想破片小説第20話。


    まだまだ全力で行くぜ!

    第20話「百倫走と江戸の町並み」。

    箱庭学園全土を巻き込んだ、そうかつてあの安心院さんが冗談で考えた壮行会が始まろうとしているのか…。いや、そうは言っても、結局、誰かがつるんでいるのかもしれない。でも、その辺は分からないのなー。まぁ、結局のところ、めだかさんが獅子目言彦に勝った…とは言えない訳だけど?

    一方で、キルコさんは最後の決意をしていた…だが、その傍らには決断できてないハル先輩がいる。勿論、彼女の好きな人は雑魚(笑い)で、最後の決戦では負けて…彼の人生は壊れるのかも知れない。たけど…本当にそれで良いのか???と内心彼も思っていた。

    少しメタ的ではあるが、第1話を思い出させる感じ…もある。しかし、結局のところ、プラスシックスであるとか…今となって何だったのか?と思えるのは…やはり、彼らはは本格的に登場するまでに、出番という出番が少ないかったのと、活躍するシーンがなかったなぁ…と思う訳ですが…。

    しかしながら、櫻井君がカッコ良い…。プラスシックスには負けたくないか…その気持ちは分かる。実際のところ、手を抜かれても困るだろうし。それが彼の思いであろうか…。

    或いは回想「江戸の町を考える」。

    例えば、こち亀の184巻にも登場したのじゃないか?と思われる神田明神へと続く階段の扉絵…その場所に行って見るとか…。スマートフォンの連想で、イ・ナ・ホ、イ・カ・ホなどなどしか、思い浮かばなくて本当に良かったなどと思って見たり。そういう細かな日常を重ねることが大切で。

    思っていた以上に、ブラタモリとかでも語られるけど、東京は高低差が、思った以上に結構あったりしているのは…みんなご存知ですよね。しかし、それは厳密に言うと、高低差というよりも、標高差であったり。開拓された江戸は、純和風なのか?とか考えたりもするけど、今はそれは関係ない。しかし、江戸時代の人が、スマホなどを、はじめてみ(見)たら「電話?」って…きって思うのじゃないかな?と思ったりした訳です。いや、ま、間違いですよね。江戸人は電話知らないですよね。

    『大きなスナック立石』で夜はwふけてw行く(爆笑)。

    続く!

    回想シーンを加えることで無限の可能性を感じました!

    小説ブログ実験「チキチキヒーローズレース、大会前夜」ジャンプ感想破片小説第19話。


    いつまで経っても終わりません!

    第19話「チキチキヒーローズレース、大会前夜」。

    もしも、うちは一族と分かってしまったら…そう考えると夜も眠れなかった。一方、ブランチは非接地充電で電撃を貯めている。細胞内発電ってすごいですね。

    明日から始まる日本海横断レース。柱間と両津の対決は、ネットで大騒ぎになって、下手をすれば国際問題な気が…するのだけど。そう考えた時に、大会の雰囲気は、どういう味付けか分からないけど、結局のところは和食なのだろうか?

    しかし、マダラが心強いのは、万が一の時はバレットが…かけつけてくれる部分。自分の中で自分が自分に言う。大丈夫…という説得力…。そう、俺は一人で参加している訳じゃあない。勿論、ハル先輩…だっているのだから。

    そう考えると、頭と心臓にある神経のネットワークが活性化することが分かる…これは、もしかして恋?勿論、人を好きになる方の恋ww。なーんつって、なんつって…。

    ヒーローは遅れて現れる。…当時の様子を思い出すと、球磨川禊とかは、大会の順番はあと回しか…な。しかし、大人達の様子が…おかしい。これは杞憂というヤツかな?と思ったのも、あながち間違いじゃあないですかねぇ。まだ、信じられてない先輩。しっかりして欲しい。

    レースが近づいてきた。ふと見ると、そこには現場を知っている手…が熱い。熱すぎる。もしも、この世の中が物語りであるならば、主人公と同じ立場に並ぶ。そういう状況になるとは…燃えますよね。燃える。

    こうしてレースが始まる。敗者はウララ星に連れて行くとか…どんだけな商品。もちろんこれは、人間文化に革命を…というのが大会のコンセプト。

    さぁ、発進しよう、最初に回すのは…キーですね。

    続く!

    最終回が第何回になるとか、さっぱり分からないのです!

    べるぜバブ198「新旧激突!!烈怒帝瑠」(田村隆平)一言感想ネタバレ注意!ジャンプ18号・2013年


    月曜日!約見開き(2ページ)ごとのジャンプ一言的感想なのです。

    ジャンプを手元にめくりながら読んでみて下さい。おながいします。


    目の前で人が溶けたとか信じられないですよねぇ…。


    パー子さんの「パネェ」に特別な感情があるように思える。魔女の扉絵が、何故だか心が踊らない。


    野次馬の人々も何回か出たことある人々かな?鳳城林檎さんは、こんなにエロチックな人だったとは…。


    アイて…。愛ではないですよね。男鹿さんも今の状況がヤバイという現状認識の力はあるのですね。


    寧々達を裏切る…。邦枝さんなら、モヒカン女達をぶっ飛ばす実力もあるような??


    挑発するのも策略だったのか…。ピンチになっても…てそうかなー。


    赤ん坊をいかせるとか…倫理感が揺さぶられる感じがするな。悪いことが行われるような…。


    全部状況が分かった…という。邦枝さんの表情の変化が面白いな。二つ折り携帯ですか。


    決闘展開か…。寧々さん達も修行とかしてたっけ??ベヘモットの時とかに。


    二つの対決風景。肩にいる男鹿が妙に可愛い。女の戦いから、巧くオトコキャラを排除した感じがしますね。

    ブリーチ531.「エブリシング・バット・ザ・レインop4.ダーク・オブ・ザ・ブリーディング・ムーン」(久保帯人)一言感想ネタバレ注意!ジャンプ18号・2013年


    月曜日!約見開き(2ページ)ごとのジャンプ一言的感想なのです。

    ジャンプを手元にめくりながら読んでみて下さい。おながいします。


    黒い虚(ホロウ)とは…!?


    よくみると仮面の下にも口がある?穴が塞がっているのは人工的なモノかな?


    角が悪魔的…。過去編に藍染が関係してくるとは…。予想外の収穫とは?


    仮面の下は誰なのか?真咲さんも霊圧を感じることができる訳ですね。


    混血統(ゲミシュト)と純血統(エヒト)か…。むしろ混血が気になるが?


    技の運びが死神ってことは、死神がホロウ化されているのだろうな。


    クインシーの未来と、「今日できること」…この辺りが、竜弦氏の考えの変化に繋がっていくのかな?


    出撃がカッコ良い。銀(?)の長髪から芥火ガンマを思い出したけど、んな訳ないか…。


    剡月(えんげつ)…難しい感じが…。横槍を入れられた訳だったのか…。だったら、黒いホロウも後に出てくる??

    スポンサーリンク

    最新コメント

    track

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。