烈破の一言ジャンプ感想ブログ。
    週刊少年ジャンプの一言感想を書きます。

    スポンサーリンク

    アンドルー・ラング世界童話集が宮崎駿さんの原点なのか。なるほどなるほど。


     ふーむ。
    1日、三鷹の森ジブリ美術館内覧会が行われ、2日より開催される新企画展示「挿絵が僕らにくれたもの」展の全ぼうが明らかになった。「自分たちの原点がここにある」。宮崎駿監督自ら企画、原案した今回の企画展示では、宮崎監督の原点が明らかにされている。

     児童文学の黄金時代、ヴィクトリア朝の英国で編纂された古典童話集「アンドルー・ラング世界童話集」。その挿絵を目にした宮崎監督は、「そうか、この本が“おおもと”だったんだ」と自身の原点がそこにあることに気付いたという。
    スタジオジブリ作品の原点はここにあった!宮崎駿監督自らコメント&イラスト付きで紹介!ジブリ美術館新企画展示  - MSN エンタメ

     当然ちゃあ当然ですが、宮崎駿監督にも、原点があるのですね。

     同時に思ったのは、今の若い人、私も含めて、既に宮崎監督が原点になっている人もいるのじゃないかな。

     

     思いあたるマンガもあるよーな・・・。

     

     情報は残り続けるますが、原点というのも、現代方向に、一定の間隔をあけて近づくなら・・・。

     

     古典を勉強するのも良いかな?と思いました。


      スポンサーリンク

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    スポンサーリンク

    最新コメント

    track