烈破の一言ジャンプ感想ブログ。
    週刊少年ジャンプの一言感想を書きます。

    スポンサーリンク

    ネタバレ注意!暗殺教室18「赤の時間」(松井優征)一言感想!ジャンプ49号(2012)


    約見開き(2ページ)ごとの一言的感想です。手元にジャンプがあれば、追って読んでみてください。

    舞台が京都で『赤』の時間…だと…!?通り名レッドアイ氏が、既に雑魚っぽく思える不思議…。

    回想とカタリがあるほどに、雑魚っぽく思えるのだが…??おお、トロッコ列車。地元地元。取材されたのかな??

    保津峡…。マンガの中の京都としては、マニアックなところだ。地元地元。保津川下りも描かれるとは…。

    八橋www。今回はギャグ回かな…。まさかの前田敦子さんネタ…。十字傷もあるし、運び方がwww酔っ払っているのか??おもすろい。

    松井先生、実際に、取材で京都に来たのじゃないかな?トロッコ列車に映画村、西方面は珍しいな。

    清水寺とかは、結構、京都観光の定番ですよね。あぶらとり紙は『ようじや』かしら??

    なるぺそ。前回までの話のバックストーリーか…。電話で繋がった訳ですね。上手く更生されているな…。粘液の取れ具合が、若干、気持ち悪いけど。

    ターゲットの血、というか、そもそも赤い生き物がターゲットになっているような…。Mの字の帽子www。多分、先生と飲みに行くのだと、予想。

    湯豆腐だったか。。。ふーふーwww。狙撃の場所探しも、修学旅行、街を知る一環だったとは…。おもすろいな。

    タコなのに、イカれているぜ…って感じかな??なんか、良い感じのオチだな…。良い短編だったと思う。


      スポンサーリンク

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    スポンサーリンク

    最新コメント

    track