烈破の一言ジャンプ感想ブログ。
    週刊少年ジャンプの一言感想を書きます。

    スポンサーリンク

    ネタバレ注意!クロガネ59「二本の桜」(池沢春人)一言感想!ジャンプ50号(2012)


    約見開き(2ページ)ごとの一言的感想です。ジャンプが手元にあれば、ページをめくりながら、追って読んでみてください(できたら)。

    む?飛花は、やっぱり、決まってなかった感じかな??

    読み会いは現実で、飛花は、夜の、夢の稽古の成果か…。仮に、さゆりさんの存在を教えたところで、15代目刀条は…納得するのだろうか??

    王の剣か…。負けないなら、前の試合で優勝してないと…と思ったけど、団体戦か…。というか、出てたどうかも分からないか。逆に彼がここまで執着する理由も気になる。

    伝説を語り継ぐって、不知火の里みたいだな…。仮に負けても、勝ち返せば良い訳で、8代目はともかく、それまでの人々で、考えを改めなかったが、なんとも…。

    これスゴイな…。現実には起こりえないことだけど、自分の生き様が、後の人生に、どのような影響を与えるか…気になるところだな。

    弱い人達の剣か…。この解釈の方が優しい気がする。まぁ、さゆりさんが、見初めたのは、眼力もあったわけだけど(ツッコミ)。

    まさかの展開…。これは、いいな…。新しい展開だ。「女々しい」で怒る人いないよね??表舞台に関しては、私も思ったことです。

    ふーむ。よく見ると、結構、似ている感じがするから…血縁があるのかも?江戸の話は、『放火』とかで、繋がると思っていたが…。

    ふーむ。大会に新しい軸が…。彼が高校剣道部に属しているのか?とか気になるけど…全員が、桜一刀流とか、そういう偏ったチームかもしんない。


      スポンサーリンク

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    スポンサーリンク

    最新コメント

    track