烈破の一言ジャンプ感想ブログ。
    週刊少年ジャンプの一言感想を書きます。

    スポンサーリンク

    ネタバレ注意!暗殺教室21「改良の時間」(松井優征)一言感想!ジャンプ52号(2012)


    寒くなってきましたね。約見開き(2ページ)ごとの一言的感想です。ジャンプを手元に、読んでみて下さい(できたら)。 ☆NPGキャンペーン第4弾!!ヌルぷよポスター付センターカラー!!ビッチ先生と、烏間先生の扉絵。いいな。


    ☆メカニカルダンス!紛れもない殺し屋…。この心の声は、殺せんせーのモノなのかな?結構、カスってるものな。
    暗殺場が教室というのが、戦場との違いかしら。まぁ、他の生徒に迷惑なのは確かですね。機械と人間の関係かな。
    215通りを6時間目までに…。一つの授業で30回くらいか…。まさかの拘束。まぁ、迷惑ですものね。拘束を破る装備はないのだろうな。
    開発者は春川教授なんじゃないかな?なんてね。開発者が別でいるってことは、また、次の転校生が?案外、ラスボスは開発者?
    今更だけど、ちゃんと会話も出来て、人の気持ちも理解するとか、かなり高度なAIですね。他の生徒の利害。論理だっていれば、理解できるのかな。
    アプリケーションに追加メモリ。殺せんせーなんでも出来るな…。生徒と強調して…これ、手入れが入っているのかな。人間みたくなるような…。
    パーツに混じってロトの剣が…。高枝切りバサミに、フランスパンもない??性能アップは危害にはならないのか。なるほど。
    世界スウィーツナビwww。改造とは、拡張パーツの増設みたいな感じか。体積増えているというか、ほぼ倍…。
    …なんたる。初音ミクさんのコンサートや、これ…。想像していたっちゃあ、想像してたけど、まさか、本当になるとは…。


      スポンサーリンク

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    スポンサーリンク

    最新コメント

    track