烈破の一言ジャンプ感想ブログ。
    週刊少年ジャンプの一言感想を書きます。

    スポンサーリンク

    スポンサーサイト


    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

      スポンサーリンク

    ネタバレ注意!クロガネ66「僕の全てを」(池沢春人)一言感想!ジャンプ06・07号 (2013)


    約見開き(2ページ)ごとの一言的感想です。ジャンプをめくりながら読んでみて下さい。


    剣道は静かに見るモノなのか…。審判の人は前にも出ていた?春からか…。そら、驚きますよね。


    白零に落陽…。やっぱり、警戒すべき相手なんだろうな。つばめさんは、涙腺が緩い…。


    桜一刀流的には、クライマックスだと思える。歴史的な部分は、これで解消されるのかな?


    同じ構えのぶつかりあい…。あの動き…。雲鶴で学んだ普通の剣道の動きもミックスされているのかな?


    近い間合いからの突き…。隠れている間に新しいワザもできたのかな?読み合いの可能性…。経験に差がある気がするけど。


    撃剣と現代剣道のルールの違いか…。多くの穴…。古い桜一刀流…。クロガネさんのオリジナルの部分で勝負かな。


    新二の太刀…不知火。さゆりさんは、現代剣道の部分には言及して教えてくれてなかった訳か…。そして、剣道自体の経験の差か…。


    抜き胴…。なんとなくフェンシングっぽく思えるけど…。一本にならなかったのは反応が出来ているからか…。


    トラウマとは、子どもの頃のことかな?眼は、彼だけのモノだからな…。


    無の構え…。この状態は、攻撃力、防御力無効化のようなスーパータイムだものな。すごい。


      スポンサーリンク

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    スポンサーリンク

    最新コメント

    track

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。