烈破の一言ジャンプ感想ブログ。
    週刊少年ジャンプの一言感想を書きます。

    スポンサーリンク

    スポンサーサイト


    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

      スポンサーリンク

    打ち切りか!?クロガネ67本目「最後の一撃」(池沢春人)ネタバレ注意!一言感想ジャンプ08号(2013年)


    なんちゅうサブタイトルだ…という感じですが、掲載位置も一番最後だし、伏線をどんどんと消化している感じもありますし・・・いよいよ『打ち切り』なのかな?と思えてしまいますが…。

    『最後の一撃』、『終の太刀』…終わりを連想させる言葉が頻出してくるのですが、はたして・・・??以下からは、約見開き(2ページ)ごとの一言的感想です。ジャンプを片手にどうぞ。


    打ち切りかと思って、ドキっとする…。観客の人々も無の構えを知っているのだな…。


    ふーむ。見えても、技術がついていかない…というのはあるか…。見えても、体動かないと、反撃もできないモノな…。


    当っているけど、突きが決まっている訳じゃあないのか…。凍鶴(いてづる)、春雷(しゅんらい)、神無(かみな)…一気に消化している雰囲気が…。


    眼が変わった…。誇りをかけてか…。不幸はあったけど、刀条家の思いは本物だったのだな…。さゆりさんのこと、信じてくれるのかな?


    大好きって、言ったなぁ…。信じるとかできそうにないけど、失われた技があるならば…。


    終の太刀…。かなり序盤の出来事だったけど、この時のためにとってあったのか…。非常に、クライマックス感があるのですが…。


    命がけで思い出す…下手したら死ぬのか?『最後の一撃』が打ち切りフラグに思えて仕方がない…。


    現身…。150年の時を経た重みが…と思ったけど、またしても、何が起きているか分からん…。最終回が近いような、そうでないような…??


      スポンサーリンク

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    スポンサーリンク

    最新コメント

    track

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。