烈破の一言ジャンプ感想ブログ。
    週刊少年ジャンプの一言感想を書きます。

    スポンサーリンク

    スポンサーサイト


    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

      スポンサーリンク

    エッジズ[ブリーチ525](久保帯人)一言感想ネタバレ注意!ジャンプ10号(2013年)


    約見開き(2ページ)ごとの一言的感想です。ジャンプをお手元に。


    意識が飛んだ…というのは、やはり、一度、死んでいるのでしょうねぇ。


    最初に闘った時も意識が飛んだのか…。じゃあ、やっぱり、その時も回復させながら戦っていた??少年の背中が良い感じだ。


    卯ノ花さん…自分を満足させるために、郎党狩りをするような人だったのか…。死体の山、不満の大きさ…。悪い人なんかね。山。


    倦む。知らなかった語彙だ…。剣が引き合わせた…。至福。一撃をくらったのは、出合った直後だったのか…。


    自らに枷をかける…??全力で戦えなくなったってことか??意識が飛ぶほどに…というのは、本当に生まれ変わっているのだろうなぁ。


    ギリギリでの敗北と勝利…。知らない間に、相手の実力にあわせてしまうとか…。そういうことだろうか。喜びを欲する本能みたいな感じで。


    なるほど…。少年だったら、そういう無意識の封印は起こる気がする。最初から、めっちゃ強かった…ということか。出合った時から勝っていたというのは、熱い…。


    やはり、殺して治すか…。癒すか…。流石に、剣八さんも、自分が何をされているかは気付いているのじゃないかな??斬術を教えるとかじゃあないけど…。


    なんだかんだで、卯ノ花さんは優しいように思える。絵から母性のようなモノを感じた…。命を奪うとか…野暮なことはしないと信じたいけれど??


      スポンサーリンク

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    スポンサーリンク

    最新コメント

    track

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。