烈破の一言ジャンプ感想ブログ。
    週刊少年ジャンプの一言感想を書きます。

    スポンサーリンク

    まさかの時間[暗殺教室30](松井優征)一言感想ネタバレ注意!ジャンプ11号(2013年)


    約見開き(2ページ)ごとの一言的感想です。ジャンプを開きながら一緒に読んでみて貰えれば面白いかも?


    ☆殺ちゃんランドセル!!て…。前作のXiを思い出すな…。シロも武器を持ってるし…。


    授業にはでないのか…。生まれも育ちも一人っ子…。両親がタコ姿なのは…多分、生徒の想像だろうけどww。


    『斉木楠雄』3巻www甘いモノが好きってのは、糖分補給的な意味合いかな?クローン人間かな?でも、それは弟じゃないか…??


    後田寒子…。岡島君も兄弟だったのかww。RPG的想像。完璧にロマサガのアルベルト編ですなぁ。


    突然変異…キャラの掘り下げが甘い…。プロットをよく練る…。セルフツッコミ?過去の話は、確かに、気になるところ。


    机のリング…。学園ドラマみたいですなぁ。ルール設定は、たしかに有効な手段かも知れないな。うん。


    生徒が囲んでいる感じが面白いな。腕が切り落とされた…。同じ能力かな?


    「こだ」?髪が触手だったのか…。雨に濡れなかったのも、ちゃんと関係していたか…。ということは能力、研究的に『弟』か…。


    殺せんせーの顔が怖すぎる…。両親も育ちも違う…。これは、シロ氏が独自に『触手』に関するモノを手に入れたのか。若干の回想が気になる…。


    おお。ダイラントも関係していたとは…。圧力光線って実在するのか??『手入れ』とか、そういう余裕はなくなってきた感じか…。


      スポンサーリンク

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    スポンサーリンク

    最新コメント

    track