烈破の一言ジャンプ感想ブログ。
    週刊少年ジャンプの一言感想を書きます。

    スポンサーリンク

    暗殺教室32[絆の時間](松井優征)一言感想ネタバレ注意!ジャンプ13号(2013年)


    約見開き(2ページ)ごとの一言的感想なのです。ジャンプをめくりながらどうぞ。


    一瞬、別のマンガかと思った…。黒い触手…。殺せんせーはだしたことないよね…。


    せんせーが動じてないのがすごいな…。ピシュン?やったとしたら、シロしかいないような希ガスが?


    しばらく休学…。その選択もあったのか…。聞きたいことは、展開的におあずけかな?白装束は対せんせーなんだと思う。


    だとしたら、イトナさんを運ぶのも危険なような?空模様のような教室?分からん。地球滅亡は本当にせんせーが関係しているのか?


    シリアス展開に加担が「はずかしい」www。せんせーって普通に人間っぽいな。面白い。狭間さんがクールな感じですね。


    先生は実は人工的に作り出された生物なんです!!いや、読者もみんな気付いていたぞww。察しが良すぎるというかwww。


    やっぱり渚君は存在感がでかい。まさかのMMR…。生まれてきた理由、来た理由は、まだ分からないのか…。


    はずかしいはずかしいwww。暗殺で聞くしかないか…。シロの服のマークと同じ図柄が気になる。


    暗殺に本気になる生徒…。自分達の手で「やりたい」という気持ちの読解が、一番、難しいよな。


    暗殺を基軸とした生徒の成長か…。謎は残ったままだけど…。どうなっていくのかな?


      スポンサーリンク

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    スポンサーリンク

    最新コメント

    track