烈破の一言ジャンプ感想ブログ。
    週刊少年ジャンプの一言感想を書きます。

    スポンサーリンク

    ネタバレ注意!賢い犬リリエンタール4巻の描き下ろしエピソードが面白い。何度読んでも。


    昨晩、以下のコミックスを読んでおりました。電子版じゃあなくて、通常版ですが。ちなみにこの記事は、ネタバレ注意!な内容です。

    賢い犬リリエンタール 4 (ジャンプコミックスDIGITAL)

    賢い犬リリエンタールは全4巻で、世の中一般的には『打ち切り』の扱いを受けておりますが、物語は円満に完了しているので、長い目で見れば短編作品と言えるでしょう。ストーリーも「増やせる部分」と「ストーリーライン」の使い分けはされていて、可能な限り広がり、そして、収束する感じでした。

    そして、何より、描き下ろしエピソードが面白いです。何度読んでも。面白いとは、感動する…という意味も含めてです。以下からは、ネタバレの話になりますが、Wikiにも4巻描き下ろしの事は書かれております。以下は、引用です。

     

    本誌掲載時で描かれなかったシュバインが組織支部のトップに任命される経緯やてつこの卒業式などのエピソードが追加された。
    賢い犬リリエンタール – Wikipedia

     

    そうヒロインの女の子が不登校、「ひきこもり」という特殊な状況だった物語なのですが、リリエンタールとであったことでの不思議、冒険要素を交えながら、学校にいけなくなった女の子が再び、外の世界に歩み出す物語だった訳で、描き下ろしのエピソードがなかったら、完了しない物語だったのだと思います。

    最近は、最終巻の描き下ろしで完了エピソードが語られることも増えておりますが、リリエンタールにおいても4巻を読まないことには、物語を最後まで読んだとは言えないでしょう。

    だから「売れる」という部分もあると思いますが、描き下ろしの1話を読むためだけに購入しても、作品が好きだった人には損はないと思いました。勿論、私は、ジャンプで読んだ内容も含めて好きです。


      スポンサーリンク

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    スポンサーリンク

    最新コメント

    track