烈破の一言ジャンプ感想ブログ。
    週刊少年ジャンプの一言感想を書きます。

    スポンサーリンク

    スポンサーサイト


    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

      スポンサーリンク

    斉木楠雄のΨ難42「Ψを振れ!波乱の期末テスト」(麻生周一)一言感想ネタバレ注意!ジャンプ15号(2013年)


    月曜日!約見開き(2ページ)ごとの一言的感想なのです。ジャンプを手元にめくりながらどうぞ。


    非常に超能力らしい表紙。立体感が良いですね。


    試験官の雰囲気は、暗殺教室のパロディーのように思えたけど?テレパシーでカンニングし放題。なるほど。


    平均点を取るためのカンニングか…。エスパー魔美の高畑さんみたいだな。仮想順位が面白い。ゾルベ、井伊点、取子…などなど。


    海藤さん。ヤマが当ったりすると嬉しいよね。勉強してないけど、良い点とか中2的だな。燃堂さん赤点三つで留年…。


    諦めるのが早いwww。留年→龍年だったのかな?サイコロ鉛筆ェ…。こらあかんわ。楠雄さんがなんとかしてあげるのかな?


    エ、エ、イ、ア、ア…でもジャスラックに申請しないといけないのか…厳し過ぎない?燃堂さんは偶然なのか?能力なのか?


    お父さんが助けていたのか…。完璧に黒だけど、良い話だな…。鳥束氏が最悪なことになっているけど…。スタンドみたいだ。


    知恵袋ww。90位…。まぁ、お父さんは、正解を見抜く力がないからか…。結構、リスキー?父の形見とは良い話だった。


      スポンサーリンク

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    スポンサーリンク

    最新コメント

    track

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。