烈破の一言ジャンプ感想ブログ。
    週刊少年ジャンプの一言感想を書きます。

    スポンサーリンク

    スポンサーサイト


    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

      スポンサーリンク

    小説ブログ実験「思い出の恋人と肉屋」ジャンプ感想破片小説第4.5話 。


    なんか書いてたけど、公開を忘れてたみたいです。

    第4.5話「思い出の恋人と肉屋」。

    ソガノ・イルカ。彼が『中学レベルの数式』とにらめっこしている時に、その瞳とかがスゴイ燃える感じで、あ、私も中学生だったのけどね…。彼は大学生。塾講師だったな。一応、紹介された形だけど…未成年の中学生を大学生に紹介するなんて、チョンマゲ・飛鳥は何を考えていたのだろう。ちなみに、『チョンマゲ』はニックネームだけど、ほとんど意味がない…。だって、誰も、そんな風に呼ばないから。読んでいたのは、えーと…。探偵ナイトスクープが好きだった、相野沢好吾くらいじゃなかったかな。4人兄弟で、コマ犬みたいなクリっとした目が、妙にツボ…恋愛とか、そんなんじゃあなくて、ツボ。

    相野沢はどうしているのかな?今でも、頑張って試合をして…そう彼は野球集選手。青春時代に…努力して、結果、負ける部分も受け止めるべきだけど、彼は逃げた…そうミートショップ・ナカガワ☆ハラムネ…に。店長の名前は忘れたけど、二人の店長の名前はよく覚えている。頭に思い浮かぶのは、やはり…って、それは店員さんのでした。困ったもんだなー。

    脳裏とは言え、めんどくさい奴現る。きついなぁ…なんだろう、こんな時に、失恋した愛ってって思い出すのだな…なんだかな。まさか忘れることができてなかったとは?うん、なんていうか?そこが恋愛的なクジケの最終地点かな、名誉挽回…とかできないかな…。でも、今もしも彼にあったとしたら、流石に勝てないだろうし、だってリアル充実な人だったから…。

    あーやだやだ。なんでこんなことを思い出してしまうのだろう…。ミジメだなー。夕焼けに一人、佇む図がおもしろい。そんな風に他人だったら考えるのだろうけど。なんだかな。なー。人生に『毒』を含んだ地点があり、それを先読みの能力で回避することができたら…ちなみにその能力者は晴人間だから、雨が嫌いで水は弱点ぽい気がする。ふむ。面白い。何かのネタに使えそう。

    しかし、ふーむ。勝てる?いや、相手の動きが勝っているのか…。私は、また、スマホで野球を観ていた。再放送?じゃなくてダイジェストシーンか…。あ、アウトだ!と思ったら、生きてた…。おお。ベンチからはお兄ちゃんが登場か…最近は、兄弟の野球選手も珍しくなくなくない。

    恋するエジソン第9話「早弁マシーン」

    あれ、試合を観ていて、ふと先ほど感じていた違和感の正体が分かる…。これ、最終回近いのじゃないかな?客席や選手の雰囲気で分かる。だけど、画面に映るスーパーの表記は…ずっと『第8回』だったのである。もしや、何かの超自然的な力が…。

    続いてます。

    この続きは、既に公開されてました。話が飛んでいるから、訳が分からないだろうなぁ…。


      スポンサーリンク

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    スポンサーリンク

    最新コメント

    track

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。