烈破の一言ジャンプ感想ブログ。
    週刊少年ジャンプの一言感想を書きます。

    スポンサーリンク

    スポンサーサイト


    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

      スポンサーリンク

    小説ブログ実験「球技大会とコミュニケーションレベルC」ジャンプ感想破片小説第10話。


    眠る寸前に小説を書いていたらスゴクカオスでした。

    第10話「球技大会とコミュニケーションレベルC」

    約20年の人生振り返り、目を見開き考えてみる(笑)私の人生なんて、ノートに書けば2ページで終了するだろう。私ごときの存在が一言物申して良いものか?それが正直的紳士的直感的感想なのです。そう考えると、私は軽くジャンプして、その勢いで、膝を手元にまで持ってくる。スカートをめくり。眺めながら、遠くを見ながら…どうぞ、と呼び寄せてみる。

    すぐにバレる?と思ったけど、意外とアスタリスク(*)は[ドドメキア]よりも、ジャンプ力は短い感じで、そも感想もジャンプによるリアクションだった。14号かな?2013年のコミュニケーションレベル(笑)。全く持って、異星の文化レベルは測りかねるが、これは試合後の風景…らしい。コートには全員集結して…新展開への布石?監督と思しき人物が、飛んだり跳ねたり…。

    早弁マシーンが目立つのはどうするのか??

    結局は、そういう議論のようだ。睨むのは『命令』とは関係ない?今日は、火曜日!だけど、約20ページのルールブックを目を見開き(笑)ながら、まぁ、実は効率的な気がするけど、監督は、やはりジャンプを繰り返している。バスケリトボルンの初心者にも通じているのかな?この大会は新人戦だっけ?

    などと、私ごときの一言的つぶやき的ふとした感想的発言は監督に届く訳がないなのです。しかし、膝を手元に、ルールブックをめくりながら指導する監督は…どうぞと言われたら、すぐに帰ってしまいそうな雰囲気はある。

    しかし私は、そんなことよりも…工場長のフォルダーに納まっている銃型の武器…そのトリガーが引かれることもあるのかな?と気になっていた。球技大会の今日の日も、どこか工場のことが気になっている自分は…この思考はどうすることになっているのか?

    落ち着く…。だが確かに自分で考えたことだが一理ある。もしも、トリガーを引くなら、武器を使うなら、それは強硬手段だ。ボーダーの問題。理性の許可が必要か…。

    照橋さん登場…。彼は、コミュニケーションレベルはC級のクラスがあるのか…。もしかしたら、彼もトリガーで闘う…。確かに…。その姿は想像するのに容易い。

    賞罰を決めるのは上の人。地味な仕事をするのは、やっぱり三軍か…。ただただ気になるのは…部屋に隠しておいた…壷から毛が溢れ出る…そのことなのである。

    もう大会が始まろうとしている。ふと見ると…うっかりパイナップルを落としている人がいる…。これからだというのに…奥田さん…。彼もまた、工場で働く労働者なのである…。彼の気持ちも…確かに分かる。大したことないのに偉そうな人…工場長。球技大会もまた仕事の一環なのだから…。

    続きます。

    球技大会編が完了するまで頑張ろうと思います!


      スポンサーリンク

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    スポンサーリンク

    最新コメント

    track

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。