烈破の一言ジャンプ感想ブログ。
    週刊少年ジャンプの一言感想を書きます。

    スポンサーリンク

    スポンサーサイト


    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

      スポンサーリンク

    小説ブログ実験「宗教とコミュニケーションと逃避」ジャンプ感想破片小説第12話。


    半分は眠る寸前に書きました(笑)。

    第12話「宗教とコミュニケーションと逃避」

    ジャンプで語られるコミュニケーション。渡野邉築の感想(一言)。帝光は、君臨し、だけど多くの国民に対して、そんなに特別な存在でもない?中学生でもない限り、そんなことを考えないのかも?

    2013年の一つの事件。藤トラマンの大脱出wまさかのw。黄瀬君は、そんな風にいつも楽しそうに笑う人だったのだった。でも、流石に杉野君は、流石に、打つよね…。球技大会の度にそんなことを考えていた。烏が野原に、たおされている…。巣を作っている感じが、エサを探しているのがかわいい…。

    思考が、定まらない。

    ふと見ると、そこには窓があり。枠外に小ネタがありますね。薔薇の彫刻がされている。最初は入ってなかったのか。木の肌は色あせているけど、窪みは新しく見える。

    黒子さんは?部屋の中を探してみる。そうか、1部屋に、ページが1つ。授業は2コマ…。そういう割合か…。この部屋で何が起きたか分からなくもないけど…。だから、思うのかな。この世界を封じ、流れるような時間の中を…。

    球技大会の様子を観察する試合が面白い。まるでドラマの中の描写みたいだ。皆、ドラマの中に生きているんやね。

    コミュニケーションレベル*[アスタリスク]。ジャンプ、跳躍による会話。膝を手元に引き寄せ、頭の中のコウめくりながらどうぞ。頭の中に広がる言葉。その言葉が投げ出せない。支配する。彼もまた…信奉者ってことか…。だとしたら、ここで、さよならか…。一緒にはいかない…。いられない、宗教には入れない。家庭のことが原因で、これで二度目の別れ。無茶な話題を振られる…それは実家での日常茶飯事。

    でも、それはそれ、これはこれ…割り切ったら、私とは関係ない話じゃダメなのか?やっぱり、青年部の人と結婚することになるのかな?

    恋するエジソン第13話「挟まったとして」

    渡野邉築(THE・紳士)。よりによって500円か…今月は厳しいのにな。でも、それが会の約束。寄付という名前の…寄付、寄進、お布施、幸せになるためなら、仕方がないか…きっと…一生抜けない…。また、家族のことを思い出してしまう…。

    だけど、そんな私に一筋の光明が…脱出。そんな勇気を与えられる日が来るとは…。だけど、そう思う反面、また帰りたくなっている自分がいる。これが、私の中の血が…。走り出してしまいたい。先をいそぐだと…!?

    続きます。

    この展開は、最初から考えておりました(笑)次回がどうなるかさっぱり分かりません(笑)。


      スポンサーリンク

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    スポンサーリンク

    最新コメント

    track

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。