烈破の一言ジャンプ感想ブログ。
    週刊少年ジャンプの一言感想を書きます。

    スポンサーリンク

    小説ブログ実験「野球で人生を喩えたら」ジャンプ感想破片小説第14話。


    1話800文字程度にしよう!と思ったら、結局1000文字越えてましたww。

    第14話「野球で人生を喩えたら」。

    まるで「田舎娘の発想」と笑われてしまうかもしれませんが。でも、その予想はしていた。私の人生はクズだった…。そんな風に考えても仕方がないけど。。一言的に感想を述べるとするならば…月と心中して人生を終らせるような、少女趣味的思考なのです。約20年の人生。

    目を見開き(笑)。机の上を小説を2ページほどめくる。行動ごと思考の流れを追ってみる。「めだかボックスは、最終回なのか?」。人生の新展開はあるのだろうか?それとも、やはり、執着点、じゃなく終着点は…月なのか?

    私の人生を野球で考えると、流石にホームランじゃないか…。でも小学生の時はリアル充実だった先制で3点…の人生かな。思えば、進藤氏の顔が歪む…歪んだあの時から。潮田渚君。彼と出会った時から…そう選ばれた男…。まるで、バレンタインの思い出だろうか?ストレートな告白。精神防御方的対策か。

    慣れって大事だと思う。俊足の木村君。Eから始まるラブロマンス。小学生の時、私はリアル充実だった。体の組方。人生のの鍛え方、ライフハック、生活術の影響も大きいのだろうな。結構、楽々セーフだったし。でも、中学に入ったら人生にかげりが見えたし…という。

    私は一体、何やってんだ…。や…だな。人生。振り返る日々もも懐かしい。振り返りのような感じがする。人生の。色々なところが…ありますよね。これって、あってますよね。人生の回想の巻か…。そういう局面か。

    ふと、ツイッターを確認するww。いやだ、Disられているww。何か私が変なことをしたのだろうか??困りますよね…。まぁ、私に過失があったのは明らかで、だって、道に生えている草を食べたから。でも、それでDisるとは??フォロワー全員がDQNだったのか?

    これだものな…。インターネットの苛烈さなのか…。それともこれがネットの『雷鳴』か…。正直言うと、自分がただものじゃない感じが…する。まぁ、先週の続きから考えると。まぁ、なんというか。学校の話題で炎上したのかな。

    タージ・マハル先輩は、結局のところケルベロスの生まれ変わりとも言える男で、風呂を浴びた後は、パジャマ姿が多い先輩で…魅力的ですね。そんなツイートが炎上の火種だったのだけど、でも、そんな…なんにもないところwwwみたいな感じで炎上するかなぁ。

    とりあえず驚いたのは…兄はツンデレだったwwということに尽きる訳です。

    続く。

    結構な量が溜ってきたので、電子書籍にして販売しますンゴww。


      スポンサーリンク

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    スポンサーリンク

    最新コメント

    track