烈破の一言ジャンプ感想ブログ。
    週刊少年ジャンプの一言感想を書きます。

    スポンサーリンク

    小説ブログ実験「戦地に赴く前の回想、春」ジャンプ感想破片小説第16話。


    一日に2話更新!怒涛!

    第16話「戦地に赴く前の回想、春」。

    人と出会うため…。そう自分に言い聞かせていたのかも知れない。入学当時の様子を思い出すと…あの時はよかった。習字に…打ち込んでいた。レモンさん。レモンさん。レモンさん。いつも、私をそう呼んでくれていた。

    あの人はどうすれば良いのだろうか?どうすればよかったのだろう?その答えが分かったのが良かったです。でも、そういう思考の変遷がかりそめの人格を歪ませる…そんな風に思うかな…。1問くらいいいじゃない…。本当に、軽い心だった。そう、私はカンニングをした。

    例えば、人生の小説版とかあれば、そのことは活字で描かれてたりするのかな?カンニングをして96点。スゴイ!と言ってくれる。皆が。塾での学習がベストだな…と父も言っていた。以上は、回想シーンより。

    ここに来たのは、希望しての転属だったのですね。物好きな人もいるものだ。それも、私の人生が関わっていたのか。どうなのか?嗚呼、自分が可愛い(笑い)。大きい夢が欲しかったなぁ。

    カンナちゃんが可愛い。小学校の頃の思い出。確かに、流れが早い川があったと思うのだけど。あの頃の思いをきられると…悲しいかな。でも、春になったら調子が変わるよね…。世の中。監督もおすみつきの可愛さか…。なんでもかんでも、小学生アイドルが出てくる世の中ですよ。

    嗚呼、胸で思う…。チクチクと痛そうだ…。人生のその先に行くということは…。いいな…。これで…。なんだかんだで、人生の岐路の大事な選択を全部当ててる…と思ったら、違うかな。

    次の目的地はバッファローの島か…。そこにある名教学院大学の理工学部か…。なんだかな。しかし、そこにあるモノは確かに。この輸送機に乗って思うのは、ネームプレートが多い…ということ。なんでしょうね?

    見てみる。初めて聞いた名前。見た名前。イタズラでを黒く塗っておいたら、怒るだろうか?まるで空中に発火した…花火のように。その時、どのように見えるだろうか。それは、分からない訳だけど。こんなことを考えるのは、不安か…な。地元からの愛。

    続く!

    数がまとまったら、電子書籍にして販売しますンゴww。


      スポンサーリンク

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    スポンサーリンク

    最新コメント

    track