烈破の一言ジャンプ感想ブログ。
    週刊少年ジャンプの一言感想を書きます。

    スポンサーリンク

    小説ブログ実験「裏の日本を支配する秘密組織、壊れていく日常」ジャンプ感想破片小説第17話。


    久しぶりに自分らしい小説を書けました!

    第17話「裏の日本を支配する秘密組織、壊れていく日常」。

    正直戦慄している…。この日本で、警察よりも上の組織。世の中を動かしている権力者と繋がっている…犯罪者。何それどういうことってハンパないですね。そんな軽口まで出てしまう。

    だとしたら、あの暗号にも意味があったのか…。昨日の話。ゲームセンターにて…ゾンビゲームでクイズなら、間違いなく海藤さんが勝つのじゃないか?と予想していたのでしょうねぇ。そんな軽口まで出てしまう。

    しかし、ゲームの内容から考えると、海藤さんは男鹿氏になっている?そう。つまりは変身能力。それを打ち破った燃堂さんが…掛け値なしに普通に強かったですね…というのが昨日の話なのだが…。

    話を戻してみると、バレットと知秋さんが賛同したのは…もしかしたら。この事件に巻き込まれることを意識的に回避した訳で、ハル先輩はそのことに気付いてなかった…。

    お正月の話をしてみると…振袖姿が可愛いな…。新年早々女子会が開かれて…ただ一つ心配なのは。知秋さんや、ハル先輩は他の友達とは遊ばないのか?という部分がある。

    勿論、やっぱり一条楽氏(リアル充実)的には小野寺さんなんだと思うけど、その女子会にまぎれこんだのは…???ふと天井を見上げる。

    『ダ』には何人いるのかな?

    そろそろ話をまとめよう。一般高校生をも巻き込んだ、警察組織をも超える日本裏組織『禍陀』。略して『ダ』の存在が、じわじわと日常に溶け込もうとしていた。そのことに私は戦慄しているのだ。

    続く。

    なんとなく分かってきました。登場人物の名前をそのまま使うと、同人小説のような雰囲気になりますね!


      スポンサーリンク

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    スポンサーリンク

    最新コメント

    track