烈破の一言ジャンプ感想ブログ。
    週刊少年ジャンプの一言感想を書きます。

    スポンサーリンク

    小説ブログ実験「オモチャ大好きジャン・プゥ氏の過去と現在」ジャンプ感想破片小説第18話。


    毎日、指の運動が捗ります!

    第18話「オモチャ大好きジャン・プゥ氏の過去と現在」。

    ぶーんと音がしている。この季節。夏。室外機が妙にリアルに感じられる季節。例えば、人生に主人公達がいたとして。その別れを描くモノが…マンガやコミックじゃなくても、そこには世界にあるのだろうか?ジャン・プゥ氏はの日常のでは、それが珍しいようにも思える。どうだろうか。

    しかしながら、コンビニでのクレームは、彼の契約を反故にしたりはしないのか…。そう彼が近隣のコンビニと結んだ契約。勿論、人生はフリーであるのが普通の感性だとも思われるようにも思えます。しかし、彼の必殺技…トリプルプレーンオムレツ…料理だ。こればっかりは、神の審判もどうすることも、なかったことにもできないのか…。

    しかし、彼は思う。仮に、ドフラミンゴに1000人の手下がいたとする。だけど、でも、フラミンゴの陰謀の策略の、その核心まで知らない部下、幹部、管理人はいる…そういう訳ですね。とジャン・プゥ氏は店員に尋ね。陳列棚に並ぶ商品を物色する。ランチパックの今月の新味とは…メラメラの実か…。熱そう。

    コンビニでの買い物を終え、次に彼が気にするのは、そもそもヒゲのパーツが二つない…ことである。つまり買った時点で、彼の午後からの楽しみは詰んでいる…ということだった。つまりは、食玩。東京飛行機倶楽部シリーズ。オモチャ。

    彼ってば、実在するモノがモチーフになった玩具にしか興味がないのかな。オモチャを求めて、かつて日本縦断をしたは、すごいですね。勿論、日常と戦闘タイプは違うけど、興味と行動の天秤が…互角だった感じか…。

    ただ、それが20代の時で…弟は。板の間で、彼が最高のミニカーを見つけた日は、その日から考えると、先週に死んだ訳なのだけど…。分かっていたこととは言え、水切り石の交換は…したかったらしいです。それがジャン・プゥ氏の若い頃の思い出なのです。

    続く。

    初期に登場した妄想がちな女性はどこに行ったのか!?自分でも気になるところです。


      スポンサーリンク

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    スポンサーリンク

    最新コメント

    track