烈破の一言ジャンプ感想ブログ。
    週刊少年ジャンプの一言感想を書きます。

    スポンサーリンク

    スポンサーサイト


    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

      スポンサーリンク

    小説ブログ実験「スマホを使った大会、或いは雨の日の練習」ジャンプ感想破片小説第21話。


    今回は上手く書けました…かも。

    第21話「スマホを使った大会、或いは雨の日の練習」。

    娘さんが久しぶりに僕のところに遊びに来てくれた。もう何年経ったのだろうか?その印象は、あっさり(或いは、もっさり)した人になりましたね…とは口が裂けても言えないよね。

    例えば、2年先の未来を見つめて。スマホ、つまりスマートフォンって、結局はガラパゴス化するのじゃないか?と思える。電波、電磁波、音波等々…何でスマホが動いているのかは分からないけど。生活に、人類に支障は出ないのだろうか?そんな疑問がある。

    例えば、新しいモノを使うとは、古いモノを使わなくなるとも言える。懐古厨乙!なんてDisる声も聞こえるけど。いや、そういうのとは、ちょっとだけ違うとも言えるけど、思うのだけど。

    結局のところ練習は後、三…いや二日か…。傷だらけのスマホで一体、何をどこまで出来るか?というのを考えると、それは一種の杞憂ですよね。いや、分かっている、分かっているのです。

    例え、それがゴリ押しであるか…のように思えても。私の心の中の蝶蘭対策…それを大事に思いながら。結局は、練習の続きをやるしかないのです。例えば、連なるバツ…があったとして。でも、それに対する対策が同じなら、同じであるなら、例え、それが前哨戦であったとしても、全力で頑張るしかないのです。

    …雨にになりそうですね。うん。…うん。先輩のレクチャーを一通り聞き終わり、私が思ったのは、雷の空。雨。雲。遠くに駆けて行く二人…兄妹逃げろー…ってそんなことを言いたい気がする。今は、自分のことで精一杯のハズなのに。

    続く!

    基本的に破片がたまって、消化が追いつきません。まいった!


      スポンサーリンク

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    スポンサーリンク

    最新コメント

    track

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。