烈破の一言ジャンプ感想ブログ。
    週刊少年ジャンプの一言感想を書きます。

    スポンサーリンク

    スポンサーサイト


    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

      スポンサーリンク

    小説ブログ実験「籾内部長、野球に似たスポーツに挑む」ジャンプ感想破片小説第23話。


    書いていて、途中で止め時が分かりません!

    第23話「籾内部長、野球に似たスポーツに挑む」。

    速攻だった…籾内がそう思った頃には、勝負がついてしまっていたのだ。彼が幾分、驚いたのは…彼らの中の大人でも「ラインは使ってない人」がいるという事実だった。普通は、皆、使っていると思う。そのハズだ。

    観客席には彼らのスカウティングがいる。手に持ったカメラは、クラウド接続されているなら写真も外部保存できる?情報力の差、或いは別れか…。もしも彼らは悪の秘密結社、組織だったとしたらを…それはきっと。第2話の展開を待つまでもなく、打ち切りが決まっていた感じだろう。

    あくまで、マンガで喩えたならば…だが。

    だけど、籾内部長には、ハル先輩も、そして、紅一点だった御殿場知秋さんもいる。もっともそれは、現実を見つめた結果に訪れるべきもので…とっ組みあって、あがらって…そうあるべきなのだが…。

    しかし、籾内は部内の荒事担当。今回のことも、慣れっ子て感じか…と籾内も思う。しかし、ネクストバッターズサークルにはスポーツ雑誌にも載っているあの人々か…バッターズサークルには5人まで入場できる。

    それぞれを調べると、人間の面白さ、愉快さ、知的さ、そして…残酷さに溢れていることが分かる。まさに、五人の四天王という感じが…する。ここで、この競技を説明すると、先攻・後攻で争そう。そして、ピッチャーはおぼんを投げる…。バッターはゴボウでそれを打ち返す。

    それを9回表裏やって、勝負がつかなかった時は、十番隊隊長が出てきて…過去編に突入する流れである。勿論、それは希なことですね。しかし、分かりやすいルールwww。

    いよいよ、籾内は覚悟を決め、マウンドに立つ。そして、気付く…今日は日曜日やったんか…。こんなことなら、ボケとツッコミの感じがが面白い。あのアニメを見れば良かったww。と泣き笑いを繰り返す。その中で、魂の在り処か…を考えた。

    バッターを見て、そもそも斬魂刀(いわゆるゴボウ)はどこから貰ったのだっけ?スポーツ用品店?と考える籾内部長であった。

    続く!

    次回は、違う話になっている可能性は、非常に大であります!


      スポンサーリンク

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    スポンサーリンク

    最新コメント

    track

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。