烈破の一言ジャンプ感想ブログ。
    週刊少年ジャンプの一言感想を書きます。

    スポンサーリンク

    スポンサーサイト


    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

      スポンサーリンク

    小説ブログ実験「温泉!禿石と塩田の勝利力学」ジャンプ感想破片小説第24話。


    今回も自分らしく書けました!

    第24話「温泉!禿石と塩田の勝利力学」。

    「これが本当のハイキュー!!」

    急に禿石部長が叫んだから部員達はビビった。熱血か…そう塩田は、ちょっと素の感じでっ!思った。裸と裸の付き合いの中の…禿石部長の眼見開きっぷりがスゴイですね…と塩田は困惑する。

    ああ、これで部長勝ちか…温泉の中はシーンとなったが、まるで自分達の世界が広がったような爽快感がありますた。塩田は部長とは?を考えると、ディフォルメ顔のような感じに眉をひそめるのが特徴的だと、常々、言われておりました。

    後、まるで物語の核心を知り尽くしているメタファー的存在、もしくは、その世界を担っているヒロインのような燐とした姿に禿石部長は惚れこんでいたのかも知れません。

    二人の思い出が…波状となって再生され、それ現状と繋がって…ない!まるで捏造ように思えたのですが…現実の美化ってやつなのでしょうか??そうなのでしょうか?

    しかし、塩田が胸ドキをしていたのですが、結局はスポーツ医学の話だった訳で、そもそもが彼の勘違いか…。美術の授業の時に、身体のデッサンが行われて、理性とともに感情がバキバキに…まぁ、そのね。ハピネス!のような…そんな気持ちになったのです。

    しかし、禿石部長の言う、スポーツ筋肉、武道と努力の喩え、例をしめしながらの勝利力学の話は、正直、上手い…と塩田思う訳なのです。しかし、彼が本当のことを告白できないのは、そう、身体を故障している…という事実とかなのです。

    どうしようか。スポーツ特待生として入学し、その辺りの事情は学校側は考慮にいれないのかな?などと考えていたら、塩田はのぼせてしまいました。禿石部長は、やれやれと…そんな彼を見つめておりました。

    温泉の湯が、少しだけ波立ったのです。

    続く!

    ドキ!っとした展開が続きますが、次回は、きっと別の話です!


      スポンサーリンク

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    スポンサーリンク

    最新コメント

    track

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。