烈破の一言ジャンプ感想ブログ。
    週刊少年ジャンプの一言感想を書きます。

    スポンサーリンク

    小説ブログ実験「ド・ラフミンゴとペチョリーヌ・ブルックさんの男気」ジャンプ感想破片小説第26話。


    電子書籍化が進行中!なんつって!

    第26話「ド・ラフミンゴとペチョリーヌ・ブルックさんの男気」。

    おっさんから…おっさんへの連絡経路。おっさんトゥおっさん。それらを踏まえて考えてみると、モラトリーヌ・ド・ラフミンゴの記憶が気になる訳だ。小さい男だった。8歳のカモシカ相手にケンカをやってみたりwイチゴを盗んだりw食い逃げをしたりw。

    そういう姿をいつも、ペチョリーヌ・ブルックさん冷静に観ていたモノだけど、結局は彼も…。九州男はえりにしゃつ、ズボンはGパン。染髪は女の子の気概は…はまるだしwという感じで、九州男児wでもなんでもなかった訳だ。なんだそれw。

    活け花と、活け作り、ハラペコ料理と踊りを愛し…。スペイン貴族みたいな滑稽なイメージかな?と思わせたブルックさんは…命を持った、そう男であったことは間違いない。

    しかし、木で出来たオモチャって…何か、例えば超自然的な力、或いは努力の実り、生まれもったものではない、神とも言える能力だろうか??そんな風に思える時もあった。いや、むしろ…町が普通なのは??と思えるのだけど。

    これですら、再集会、いや最終回のシリーズを感じさせる雰囲気があるのである。それ以外は考えられない。私は知らない。…。違う。そうじゃない。

    何をどのように考えていたっけ?タヌキが豆鉄砲をくらったような顔をしているな…。もしも、それが全てで、世界にあるモノ全てが嫌なモノに思えるような世界があるのならば…それは全部、俺がぶっ壊してやる。こういう時だけ、男気があるような…感じのド・ラフミンゴとブルックさんであった。

    続く!

    小説も書いたので、明日に備えて眠ろうと思っております!楽しいです!


      スポンサーリンク

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    スポンサーリンク

    最新コメント

    track