烈破の一言ジャンプ感想ブログ。
    週刊少年ジャンプの一言感想を書きます。

    スポンサーリンク

    スポンサーサイト


    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

      スポンサーリンク

    電撃コミック ジャパン デジタルMANGA新人賞で多部門連続投稿で賞金を荒稼ぎできるのでは?


     これはすごい。

    同賞で受け付ける作品ジャンルは、デジタル漫画、デジタル4コマ漫画、デジタルコミックエッセイ、デジタル漫画原作、デジタルコンテンツの全部で5部門。審査員は各部門賞と、部門賞受賞作からさらに優れた1作品をグランプリとして選出する。 受賞者への特典はそれぞれ、部門賞には賞金100万円と本誌連載の確約、入選には賞金50万円と本誌掲載の確約、佳作には賞金10万円と担当編集者が付く確約、奨励賞には賞金3万円を贈呈。そしてグランプリ受賞者にはさらに賞金1100万円が授与され、部門賞の賞金と合わせて大賞賞金1200万円が贈られる。応募要項の詳細は誌面、または公式サイトで確認しよう。
    引用元:コミックナタリー - 大賞1200万円新人賞審査員に垣野内、のいぢ、吉木りさ

     

     私は、お金に汚いせいか…。

     

     ストーリーマンガを書ける人は、当然、原作もやっている。

     さらに、同時に4コママンガも書けるかも知れない。

     一つのストーリーマンガを書くうちに、ボツとなったネームを原作で送る・・・とか、そういう子汚い発想が生まれてきました。

     

     たぶん、賞には、こういう分散思考じゃあ、ムリでしょうね。

     

     しかし、グランプリで1100万円・・・というのもすごいですね。最初に、そんな大金をつかませたら・・・マンガを書かないのでは?私なら、株式投資か、月極め駐車場を経営すると思います。

     

     って、何を書いているのだか。。。


      スポンサーリンク

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    スポンサーリンク

    最新コメント

    track

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。